【ハンドドリップ(Hario V60)】

コーヒーレシピ

[Presets]
-挽き目:中細挽き(粗挽コショウ〜グラニュー糖程度)
-コーヒー粉量:15g
-湯温:92℃
-湯量:240g
→湯温は沸騰させたお湯を常温のケトルに注ぐと、大体92℃前後になります。
→粉を投入する前に、ドリッパーにセットしたペーパーを濡らし、同時にドリッパー、サーバーを十分に温めます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①45g(45g)/0:00-0:40
②45g(90g)/0:40-1:10
③150g(240g)/1:10-2:00〜2:30
[①Blooming:コーヒー粉を蒸らす]
○湯量/45g(45g)
○時間/0:00-0:40
→粉全体に湯を当てるように注湯します。
[②Brewing"Taste”:味の抽出]
○湯量/45g(90g)
○時間/0:40-1:10
→15秒ほどかけて注ぎ、15秒お湯が通り抜けるのを待ちます。
→この時、注ぐ量を45gより多くすると酸味が明るく際立ち、少なくするとまろやかになりバランスよく仕上がります。
[③Brewing”Body”:濃度の調整]
○湯量/150g(240g)
○時間/1:10-2:30
→始めは粉が乱れないようにゆっくりお湯を注ぎます。粉が湯に浸り切ったあたりから、注ぐスピードを早めると比較的軽くスッキリした飲み口になり、ゆっくり注ぐと重く、質感のある飲み口のコーヒーになります。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[Finish:召し上がれ☺️]
→湯が落ちきる時間は2:00〜2:30が理想的です。早かったら挽き目を細かく、遅かったら粗めにして調整してみてください。
→①〜③ではそれぞれ湯量±30g、湯温85〜95℃の範囲で変えてみると、また違った味わいが感じられます。いろいろアレンジして、自分だけのオリジナルレシピを見つけてみてください🍀

新着順